国語の記述

大和、相変わらず点数には反映されないが、着実に実力はついている国語。考えて解けるようになった反面、時間切ればかり。ここはぐっと我慢。国語は成長の過程で一度点数が下がるものだからだ。

私には年末から愛読している本がある。

河合塾が出している「国語記述問題の解き方」だ。本日2周目に入った。

これは素晴らしい。

記述の書き方が本当によく分かる。

少ないルールで考え方もシンプル。これで子どもに記述を教えることが出来ると確信出来た。

大学受験用なので中学受験を十分に網羅している。

〜はなぜか?、〜とはどういうことか?、という論説文で必ず聞かれる二つの問いに対しての完璧な答え方が習得できる。

10周くらいは読んでみるつもりだ。

少しずつ

2月から四谷提携塾では新5年生になる大和。

第17回週テスト、点数は悪かった。

Cコース内偏差値、算数53、国語33!

算数は最近では珍しく、応用で失点、国語は時間切れ。

このブログを始めた頃は算数の応用はからっきしダメだったが、この一年弱で随分応用に向き合えるように、そして解けるようになった。国語も点数は悪いが、やった問題はほとんど正解、記述も出来ており、最後の3分の1は時間切れで白紙だった。基礎力は確実に上がった。両科目とも考える力が付いたと思う。

今月末は新5年の組み分けだが、順位は気にせず頑張って受ければいい。

この一年で誰よりも私自身の免疫が付いた。

息子を信じて頑張るしかない。

帰宅

鹿児島旅行から帰宅。

22時空港着だったため急いで帰宅、子ども達を寝かせた。

武蔵は根が真面目なためか、宿題の音読をしてから寝ると。

初日の知覧、指宿温泉の砂風呂に始まり、翌日の開聞岳タツノオトシゴ館、釜蓋神社、万世の特攻記念館、吾愛人での黒豚、黒毛和牛、天文館中央公園でのイルミネーション、本日の鶴丸城跡、フェリー、桜島、鹿屋の平和記念公園、第一地下壕電信所、といろいろ満喫した。

最も心に残ったのは鹿屋の第一地下壕電信所のモールス信号だった。

特攻隊が米母艦に突撃する時に発するもので、この音が途切れることは死を意味するというもの。

視覚ではなく、聴覚が刺激され、また違った切なさを感じた。

子ども達は明日から学校。

インフルエンザも流行りだしたし、元気に通ってもらいたい。

鹿児島

大和、新5年生の組み分けの勉強をしなくてはならない状況の中、鹿児島旅行に来ている。

今日は知覧特攻記念館に行った。

大人と子どもでは感じ方が違うのは仕方なかったかな。現在、指宿温泉の旅館にいる。

弟の武蔵と遊びまくりだが、まあ良しとしよう。

明日は開聞岳から万世、鹿児島市内へ行く予定。

大河ドラマの影響か観光客が多いが、日本人しかいない。

明日も楽しんでこよう。


12月の組み分け

大和、最近?そんなに勉強してないまま組み分け突入しました。

結果、C3。

あと1点でC2だったからまずまず。

算数は184点、偏差値70オーバー。でも国語が75点、偏差値50切りと悲惨な出来でした。合計は430点台。

やってない割には良しとしますか。

来月は5年生のコースを決める組み分けテスト。

早稲田アカデミーの生徒も参戦してくるため人数も増える様子。出来ればSコースでスタートしたいがどうなることやら。

武蔵はマラソン大会のコースを再度走らせて3秒更新、満足していた。

マラソン大会

小1の武蔵、マラソン大会は3位だった。

初めは6、7位に付けていたが、中盤で4位に上がり、ラストで3位に。やはり弟くんは根性がある。大和もそれなりに頑張っていたが…。

なかなかいいものを見せてもらった。

二人とも、お疲れ様でした。

運慶、組み分け。

運慶展、行って来ました。

とにかく混んでましたー。

運慶のイメージは東大寺南大門だったので、意外な作品が多かった。手のひらサイズの小さな作品もあるんだなぁ。

で、大和組み分け、昼食中の上野のしゃぶしゃぶ屋で素点を見た。

国語、驚愕の60点台。満点は150点だから、かなりの撃沈。

算数は160点台(200点満点、ミスだらけ、でも実力)、理社は9割ずつ、で、410点台。ありゃー。

本日組み分けが出て、C5に降格。

まあ少しずつやりましょう。


今日は組み分け

大和、受けて来ました組み分け。

本人の感想、国語以外は出来た!

まあ大和が、出来てる時はみんなも出来てるでしょう。

とりあえずC前半にいればいいかな。

親もだんだんと麻痺してくる感じ。

明日は運慶展を楽しみに行こう。

というわけで、今は大和と寿司屋にいる。

と言ってもチェーン店、特別高級な店ではない。

手足口病

先週は武蔵が、そして昨日から大和が手足口病に。今週末の組み分けテストには間に合いそうだが不運だ。高熱が出ているわけでもないので、やれる勉強はやって、とりあえず受けてみよう。

以前にも何度か触れたが、算数のケアレスミスが最近増えてきた。応用問題の正答率が80%くらいになってきたためだ。実力が向上してきているため、応用問題にかける時間が長くなり、見直しの時間がないのだ。また、早く応用問題に取りかかりたいという気持ちも強くなっていることもあるだろう。でもこれは通る道。しばらく静観しよう。

国語は波はあるが、絶対に基礎力は上がっている。もう少し高め安定してくれば上位層と勝負出来るはずだ。

日曜は上野に運慶の展示を見に行くつもりだ。

全統テスト

今日は朝から大和、武蔵は揃って全統テストを受けに行っている。大和は塾の義務だ。

武蔵にとっては初めてのテスト、大丈夫かな?

二人とも決勝戦なんてレベルではないので気楽にやっておくれ。

大和は来週に迫った組み分けテストの勉強を始めないと。

武蔵は得意のマラソン大会に向けて頑張らないと。

第7回週テスト

大和、そんなに出来たとは本人も親も思ってない。しかし、100番台。

算数は少数分野だったために計算間違いが続出したのだろうか。でも大和も間違えてるしなぁ。国語は物語文、そんなに出来てないけどなぁ。というわけで算数60点台、国語70点台ながらも100番台となった。

毎週の結果に翻弄されず、淡々とやろう。

武蔵は学校でシャトルランが1番だったと。

1年生で53回は凄いらしい。

よかったね!

10月14日 週テスト

大和、今週の算数は分配算、国語は物語文。

算数80点台、国語60点台。

算数は序盤のミスが無ければ93点だったが、これも実力。国語は練習不足。

物語文は説明文に比べて練習が足りてないが、それも実力。

なかなか一歩抜けられない。

この辺りでヤキモキしている方々もいらっしゃると思う。

ここをbreakthroughしないと最難関は見えて来ない。

子どもの世界

四谷の提携塾に通う大和。

今日も21時過ぎに帰宅。

学校の宿題が終わっていると言う割には何だか落ち着かない。

聞いても白状しない。

最終的に結論はこうだ。

友達に計算ドリルを頼まれた、代わりに漢字ドリルをやってあげるからと。

確かに友達の計算ノートがある、大和の漢字ノートがない。

ひどく叱ったが、子どもには子どもの世界があるのだろう。叱りすぎた後に色々と考えることや、自分の少年時代に経験した思い出や、少年時代に読んだ本の世界なんかが一気に押し寄せてきた。

ごめん、叱りすぎたな。

幾つになっても本当の意味での父親になれない未熟な自分、本当に情けない。

遊覧船の中で

松島の遊覧船に揺られながら結果を確認。

C4だった。

まあミスもあったしこんなもんかな。

ミスは実力なので言い訳は出来ない。

算数、理科、社会が、簡単で国語が難しかったという書き込みが多いが、そんなものはどうでもいい。

算数の20点近いミスと、理科の15点近いミス。

そして国語の実力不足。

何度も言うがミスは実力。

今はこの程度の力なのだろう。

ここから悔しいという気持ちでやれるかどうか。

それが全て。

そろそろ少しずつ予習シリーズをやりながら入試対策を始める。わずかばかり組み分けに影響すると思うが、息子は凡人だからこそ始めようと思う。

前にも書いたが、息子の受けようとする学校には計算や基本問題は出ない。正直、それを実直に続けても本番では意味がない。もちろん本番での計算ミスを防ぐ練習は必要だか、受験校では途中式や計算を書かせるので、計算ミスは根本的な問題にはなりにくい。

色々な学校の過去問を見た中で、算数は学習院のものが良いと思った。

毎年同じ傾向、素直な問題が多い。未修事項の問題は教えながら進めてみたい。

瑞鳳殿

本日、昼に仙台に到着。

早速駅内の伊達の牛タンで弁当を購入した。

その後はレンタカーで仙台城へ。

予想外の大渋滞のため、先に瑞鳳殿へ。

素晴らしい環境と瑞鳳殿の美しさに感激しつつ携帯チェック。

組み分けの総点、約8割。

ちょっと悪いなぁと思い、科目別に答案を見ると算数、理科でミス。国語は本人申告通りの悪さだった。

まあミスも国語も仕方ない。

でもC前半には復帰できる?だろう。

瑞鳳殿の目の前のあの狭い敷地内でチェックしてしまったのだった。政宗公に大変失礼な振る舞いであった。

明日は頑張って平泉、松島行ってみたい。

今日は混みすぎで名取には行けず残念だった。