週報

先の組み分けテストで惨敗した大和、今週も週報に載った。週テストでの週報掲載はあまり意識していないが、さすがに組み分けが酷かったため、少しホッとする。

後半の2回とも100番台、このまま行ければC2あたりへ戻れるかな。

算数は今週から条件整理。この分野は慣れないと時間、正答率ともに安定しない。あまり時間をかけない分野だけに、この機会にしっかり演習を積んで欲しい。

国語はトップクラス徹底理解4年の説明文、物語文は終了した。随筆文は敢えて手をつけずに予習シリーズ基礎演習問題集の4年上を始めている。これを下巻までやってからトップクラス4年応用編に行く予定。点数の伸びは大きく無いが、酷い点数は取らなくなっている。

武蔵もトップクラス徹底理解の1年を頑張っている。足し算、引き算はかなり上達したが、掛け算、割り算、線分図などが部分的に使えないと苦しい問題集である。大和もこの問題集を完遂したので、同じページを比較して楽しんでいる。また、漢字練習も開始し、1年生の3分の1程終えた。ゆっくりやればいいと思っている。

後半戦スタート

Cコースとは言え、大幅にクラスを落とした大和。もう後がない。

そんな大和、4年生後半の最初の週テスト、算数は100点だった。国語も悪くはない。でも漢字の採点がわけわからん。明らかに書けているのにバツになっている。時々あるんだよなぁ、四谷のテストでは。まあ逆に救われる事も稀にあるので複雑だ。という事で後半戦は良いスタートと言って良いだろう。来週以降も頑張って組み分けリベンジしないとな、大和。

組み分け撃沈、でも…

大和、撃沈だった。

理解は悪くなかったが演習不足がそのまま結果になった。

特に算数と理科が沈んだ。もちろんケアレスミス。でもこれは実力なのだ。

もう20年以上前のことになるが、私は某進学塾でアルバイトをしていた。

そこに全国ランカーの6年生が二人、5年生が一人いた。この三人、タイプは違ったが、試験には大きな共通点があった。何度か試験監督をしているうちに気付いたのだが、まず三人とも解くスピードは凄まじかったがこれは当たり前。何に気付いたのかと言えば、とにかくミスっている。今回はさすがに厳しいだろうと思って見ていると、解き終わってからどんどん直す。そして時間ギリギリでほぼ正解にたどり着く。これの繰り返しだった。

なるほど!

こんなに出来る子達でもこんなにミスってるんだということ。つまり、出来る子達もミスをしている。でも彼らは時間内に修正する能力があるのだ。だからケアレスミスは実力なのだ。

もっともっとスピードを磨いて応用問題に対応出来る力をつける事でミスは減らせる。

勝負はこれからだ、大和、頑張ろう。


因みに国語は読解の特訓の成果が早くも現れた。これだけは救いだったー。

怒濤の復習

大和、今日は怒濤の復習をやった。

算数は昨年前半の週テストの応用(最後の二問)問題、第1回から第19回を、理科、社会は演習問題集の練習問題を同じく第1回から第19回までやった。どの科目も9割くらいの出来だったので、なんとなく大丈夫な気がしてきた。今日は仕事の都合上、4時間くらい付き合うことが出来たが、明日以降は無理。あとは本人に任せるしかない。まあ今日は算数は応用ばかり約40問、理社も合わせて約150問、よくやった方だ。妻に言わせると自分がいない時間はダラけていたとのことだが。

武蔵とは相変わらずほとんど遊べず。寝る前に絵本を二冊読んであげることが出来たのはせめてもの救いだった。

岐阜満喫

岐阜城、鵜飼の舟上観覧、関ヶ原名古屋城など満喫した。もう組み分けは期待出来ないが、夏休みの終わりにこれだけ楽しめたのは良かったと思う。自分も飛騨牛を満喫、帰りの新幹線ではビールと味噌カツを更に満喫。親父の方が楽しんでしまった小旅行、いや出張だった。

ちなみに岐阜都ホテルの客室から見える岐阜城長良川は素晴らし過ぎた。

国語の読解を頑張ってきたので、国語以外を維持してくれればなと淡い期待を抱いている。

夏休みが終わる

もうすぐ夏休みが終わる。

9月初めの組み分けの勉強!と思っていたが、明日から急遽家族旅行。と言っても一泊二日。

C3キープどころかクラス落ちも危ういが、とにかく行ってくる。

戦国時代、お城大好きの大和が戦国時代のメッカに出張する自分にどうしても一緒に行ってみたい、という事で。岐阜城、行ってきます。

今日から夏期講習で予習シリーズの下巻に入った。算数は倍数と約数という事で、かなり練習してきたので今のところ余裕かましている。

結局子どもと遊んでしまう自制心のない父親である。


力一杯

少年たちの夏休みも終盤。

力一杯遊べただろうか。

大和は夏期講習の後半戦が始まった。

楽しんで通ってもらいたい。

この夏は現状維持しつつ、国語の読解だけはもう少しレベルアップさせよう。

トップレベルの徹底理解は終わらせたいところ。

あと少しで何かが掴めそうだ。

休み明けの塾での国語のテストでも解き方の型ができつつある。問題用紙への書き込みを見て、成果を感じた。これに関しては今後詳細を。

ところで、武蔵はどうしようかなぁ。

元気が取り柄なのでまだまだ遊ばせよう。